腸内フローラの改善が良い!?

腸内フローラは腸とどんな関係がある?

腸内フローラとは聞いたことがあるでしょうか?
最近テレビや雑誌などでも注目されている「腸内フローラ」

腸内フローラは腸内に居てる腸内細菌を総称していいます。

その腸内フローラが注目されているかというと
腸内環境が悪くなるとあらゆる病気を引き起こしやすくなるので、「腸」や「腸内環境」が注目されるようになりました。

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、腸内に居てる腸内細菌の集合体です。

動物や人間でも数が異なりますが、人間で100兆〜1,000兆いると言われています。
その密集した集合体がお花畑のように見えるため腸内フローラと言われています。

腸内フローラは3つに分かれています


腸内フローラは実は3つにわかれています。
良く耳にする「善玉菌」「悪玉菌」、それと「日和見菌」の3種類です。


善玉菌

善玉菌は腸内にいる菌の良い菌のほうです。主に、腸内環境を整えビタミンの生産や免疫力アップの働きを担っています。
善玉菌が多いと腸内環境を整えてくれるので、便秘を体外に排出する動きが活発になり便秘にならない体づくりができますよ。

また、善玉菌の量が増加すると免疫力が上がり細菌をやっつける力もつき風邪を引きにくい健康な体を作ります。



悪玉菌

悪玉菌は直腸と大腸に存在する悪い菌です。
悪玉菌は腸内で増えると腐敗物を作り溜め込んでしまします。また長い間腸に滞在している間に有毒物質を発生させます。

有毒物質は体の免疫を下げると共に、善玉菌の働きも弱めてしまます。
有毒物質ガン性の物質を作りだしてしまうこともできるので早く腸内環境を整え善玉菌で整える必要があります。



日和見菌(ひよりみきん)


日和見菌とは腸内に居てる数が多いほうの味方をする菌です。

日和見菌には、「バクテリデ」「ユウクテリウム」などがあります。
元々善玉菌にも悪玉菌にも属さない菌で無害の菌。腸内環境のバランスが崩れた時に多い方の菌のサポートを行います。



腸内環境によりどの菌が増えるかで体にでる症状も変わってきます。
日和見菌はどちらにも属さない性質から、その時々の腸内で多い方の菌の味方となります。
善玉菌が多い時は善玉菌の味方、悪玉菌が多い時は悪玉菌の味方となります。

ということは、もちろん腸内を善玉菌でたくさん増やし腸内環境を良い状態に保つのがとても大切です。

太りやすい人と太りにくい人とでは腸内環境に秘密が・・・

太りやすい人と太りにくいひとでは腸内環境が違うって知っていましたか?

太る痩せるにも腸内環境が関係しているんです。
以前、アメリカで研究されておりラットに健康な方の腸内細菌ともう一報には太っている人の腸内細菌を移しました。

すると通常の快便チームのラットは特に変化はありませんでしたが、肥満チームの腸内細菌を受けたマウスは太ったのです。
腸内細菌ひとつでこんなに差がでるなんてびっくりですよね。

痩せている人と太っている人では、腸内にいる乳酸菌の数に違いがありました。
乳酸痩せている人は乳酸菌の「バクテロイデス」が腸内に特に多く存在しており太りにくくなっています。

善玉菌を増やして腸内環境と整えよう!

腸内環境を整えるには「乳酸菌」がとても大事です!

乳酸菌は善玉菌のエサとなる役割があり、腸内にたくさん届けてあげることで善玉菌の活動が元気になります。

乱れた腸内には悪玉菌が増加して悪さをしているので、乳酸菌を体内に取り込み善玉菌を増やしましょう。

乳酸菌を手っ取り早く増やすには、乳酸菌を含む食品を摂る方法が簡単で早くできるのでおすすめです!

また、サプリだと食品以上にたくさんの乳酸菌が簡単に錠剤などで摂取できるのでサプリもおすすめです。

腸内フローラの改善のまとめ

腸内フローラを良い状態にして腸内環境を整えると腸が活動を始めて蠕動運動(ぜんどううんどう)も活発になり便秘などの症状も改善が期待できます。

毎日積極的に乳酸菌を含んだ食べ物を食べて腸内環境を良好に保ちましょう。

 

サイトマップ