痩せ菌増やすには?

痩せ菌ってどうすれば増えるの?

いつも細いのはなぜ



あなたの周りにも「たくさん食べているのに太らない人」っていませんか?


・どんなダイエット方法をしているんだろう?

・何か特別な生活習慣があるのかな?


と、食べても太らない人ってどうしているのか気になりますよね。

実は、「食べても太らない人」には通称「痩せ菌」と呼ばれるバクテロイデスという菌が、腸内細菌が普通の人よりも多く腸内に存在していると言われています。

どうすれば痩せ菌は増やせるのでしょか?

痩せ菌は増やせる?

痩せ菌とは善玉菌のことです。


★主な善玉菌の種類

ビフィズス菌、乳酸菌



善玉菌は、腸内環境を整える食べものなどを摂取することで増やす事ができます。

反対にデブ菌が増えている状態は、腸内環境が乱れている状態で便秘などの症状を引き起こしてしまいます。




★痩せ菌が多い

腸内環境が整っており、余分な脂肪を溜め込みにくい、排出してくれる
  ↓
太りにくくなる



★デブ菌が多い

腸内環境が悪化、余分な脂肪を溜め込んでしまう、
  ↓
太りやすくなる

痩せ菌の増やし方とは?

痩せ菌を増やすには大きく2つに分かれます。



・善玉菌を含む食べものを食べて直接補給する

・痩せ菌(善玉菌)のエサとなる栄養素を摂取し、善玉菌の数を増やす




@善玉菌を含む食べもの直接補給する



善玉菌を含む食べものを直接体内に摂取することで、善玉菌を増加させることができます。

主に、発酵食品や、乳酸飲料などに含まれています。



《善玉菌を含む食べもの》

・ヨーグルト
・チーズ
・はちみつ
・納豆
・味噌
・牛乳
・キムチ など




A善玉菌を増やす方法



既に居てる善玉菌の数も増やす事ができます。

善玉菌を増やす方法は、善玉菌が好物のエサを与えることで増加します。


《善玉菌が好物の栄養素》

★オリゴ糖

★水溶性食物繊維



善玉菌もお腹がぺこぺこの状態ではしっかりと腸内で働くことができません。

善玉菌がしっかり働けるように、オリゴ糖を含んだ食べものや水溶性食物繊維を摂取することで、善玉菌が増えて腸内が整いやすくなります。


《オリゴ糖を含む食材》

・バナナ
・きな粉
・大豆
・いんげん
・ゴボウ
・タマネギ




《水溶性食物繊維を含む食べもの》

・アボガド
・オクラ
・山芋
・海藻類
・こんにゃく
・ごぼう

善玉菌を増やすビフィズス菌の食べ方や良いタイミングは?

善玉菌のエサとなるビフィズス菌は、あまり長い期間腸の中に留まることができないので、毎日継続的に取り入れる食べ方がおすすめです。

特に、ビフィズス菌を含むヨーグルトは胃酸に弱いため、食後に食べることをおすすめします。

また、ビフィズス菌など乳酸菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維も一緒に摂ると働きが良くなるので、お合わせて摂ると良いですね。



【ビフィズス菌の摂り方のポイントまとめ】

・ビフィズス菌は毎日摂取する

・ビフィス菌は食後に摂る

・ビフィズス菌は、オリゴ糖や食物繊維と一緒に摂ると更に良い

その他にも腸内で良いとされる菌

その他にも、腸内に善玉菌と同じく良い働きをする細菌があります。


★酪酸菌(らくさんきん)

酪酸菌とは、糖を分解して酪酸という成分を作り出す細菌です。

酪酸菌も乳酸菌と同じく腸内環境を整える働きをします。酪酸は短鎖脂肪酸としても注目されています。


→短鎖脂肪酸って何?



プレミアムスリムビオTOPへ戻るプレミアムスリムビオの商品の有効成分や、口コミ、商品レビューについて知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。プレミアムスリムビオのおトクな購入方法もご紹介しています。


 

サイトマップ